ipariparu雑記BLOG

ごく普通の主婦の雑記ブログ

子どもの登校しぶりで私のメンタルがやられそうになっている

 

小学校高学年の息子が、学校行ったり休んだり、不登校気味です。

学校でイジメにあっているわけでもなく、友だちもそれなりにいて、学校生活は至って真面目。勉強もついていけている。

 

そんな子でも、不登校になったりするんだ、と。

 

ヨソの子どもだと、「うんうん、無理しなくったっていいよね、ゆっくりしたらいいよ」って思うんだけど、我が子だとそんな風に穏やかな気持ちではいられなくて。

 

毎晩、「明日は行けるかな?朝起きられるかな?」

毎朝、「学校行けるかな?休むって言うのかな・・・」

 

って、毎日毎日落ち着かない日々に、ちょっと疲れてしまっています。

 

きっと心が繊細で、ちょっとしたことに敏感で、行けなくなってしまうのかなって思っていたけど。

 

もしかしたらもっと単純に、夜ちゃんと寝ていなかったりして寝不足だったり、生活のリズムが悪いだけなんじゃない?と。

 

 

今日、腹痛で学校に行けずに、念のため小児科へ行ったら、先生が「起立性調節障害かも!と決めつけすぎるとそっちに引っ張られて行ってしまうよ。腹痛は慢性的になる子もいるし、快便だってちょっとした刺激で痛くなることもある。神経質になりすぎず、様子見ていこう」と言ってくれて、目からウロコが落ちました。

 

それで、ふと、思った。メンタルが弱いとか繊細とか、そういう風に決めつけていたけど、もしかしたら生活リズムが乱れているだけなのかも。と。

 

どうしてもゲーム多めの生活になっているし、自分の部屋で寝るようになってからは、あまり干渉しないようにしていたから。

「ちゃんと寝てる?」なんて夜中に親が部屋をたずねてくるとか、自分だったら本当に嫌。

 

私が過干渉な母親に嫌気がさしていたから(過干渉ほどじゃなかったかもしれないけど、いちいち自分のやっていることを確認されるのが本当に本当に嫌だった)。

 

だから、本人に「生活リズムを整えることを頑張ってみない?」と提案しました。

ウソをついて夜中に起きていたりするのは、ママはとても悲しい。

でも、生活リズムが乱れていて腹痛があったり朝起きられなかったりするのなら、大きい病気じゃないんだって、安心できるんだ。本当に心配していたから。

 

という話をしました。

 

スマホやゲーム類は、夜は預かることにして。少しでも改善していくといいな。